Windows PhoneはWindows10で進化するか

スマートフォンとして人気を博しているのは、ご存じ「iPhone」。スマートフォンおよびタブレットはアップル製品がシェアを広げています。加えてグーグルの「Android」も人気です。この2大製品が、スマートデバイスにおいてはシェアを大きく占有しています。

その一方で、なかなか勢いに乗り切れずにいるのがマイクロソフトの「Windows Phone」です。Windows OSとの互換性を売りにしているため、例えばWordやExcelファイルをスマートフォンで閲覧したり、編集したりすることが可能です。Outlookを使ってメールをチェックしたり、スケジュールをパソコンと共有したりすることも可能です。なのになぜシェアを広げられずにいるのでしょう。

1つは対応製品の少なさが挙げられます。NTTドコモやau、ソフトバンクといった携帯キャリアがiPhoneやAndroid製品に注力している中、Windows Phoneは富士通東芝モバイルコミュニケーションズの「Windows Phone IS12T」など、ごく一部しか市場に登場していません。例えばAndroid端末なら、いくつものメーカーがいろいろなモデルを発表しています。ユーザーは自分の好みにあるものを選択できますが、Windows Phoneの場合、選択の余地はほぼありません。これではたとえ性能や機能がよくても、購入にはいたらないのかもしれません。

アプリの充実度も問題でしょう。スマートフォン用の人気アプリはほぼiOS、もしくはAndroid用。Windows Phone用の人気アプリはこれから登場、といったところでしょうか。周りの友人が人気アプリを楽しむ中、一人だけWindows Phoneだからアプリを楽しめないでは悲しすぎます。

そしてこれからの進化に期待されます。今はWindows8が不人気ですが、Windows10への期待が高まっています。Windows10が高い評価を受け、爆発的に人気が出た場合、Windows Phoneも売れるようになるのではないでしょうか。少なくとも現在はiPhoneとAndroidの二強であり、Windows Phoneはまったくシェアを伸ばせていません。Windowsの普及を第一に考えて、Windows Phoneと連携すると便利なことをアピールすべきでしょう。

そもそも個人向けパソコンの出荷台数が年々減少している問題を抱えています。多くの人がスマートフォンで満足していることを表しています。ただ、法人向けは減少していないということは、用途によってパソコンはまだまだ必要とされていることがわかります。例えば個人向けでもゲームパソコンはオンラインゲームの普及もあり、まだまだ伸び続けています。今も毎月のように新しいMMORPGやFPSがサービスインしていて、ゲームパソコンの需要が多いことがわかります。

だからこそここから個人向けパソコン、さらにはWindowsを広めていくためにはWindows Phoneの成功が欠かせません。すぐにどうにかなるとは思いませんが、Windows10の評価次第では二強の状態を崩せるかもしれません。